鬱、パニック母ちゃん奮闘記

私は6ヶ月になるごく普通の母親!ではありません💦
産後うつとパニック障害と子育てに追われ、毎日奮闘中です。
今ではこの病と向き合い、うまく付き合っていこうと思っています😄
そんな母ちゃんの何気なく気になるニュースを書いたブログです☆パニック母ちゃんの何気ない日常をご覧ください😊

    鬱とパニック障害と子育てに奮闘する毎日ですが、
    毎日ニュースを見るのが楽しみです。
    そんな母ちゃんの気になるニュースをまとめてみました。

    カテゴリ: 生活


    【絶対するな】熱中症予防で逆効果なこと


    熱中症。この時期は本当に気をつけたいですね。

    【【絶対するな】熱中症予防で逆効果なこと】の続きを読む


    こんな便利なモノ探してた「使って分かる優秀文房具」6選


    文房具って何か見ているだけでワクワクしちゃいません?

    【こんな便利なモノ探してた「使って分かる優秀文房具」6選】の続きを読む


    何があった⁈ お店を臨時休業した自由すぎる理由が面白い!


    ヤバイ‼️面白すぎてお腹痛い🤣

    【何があった⁈ お店を臨時休業した自由すぎる理由が面白い!】の続きを読む


    スマホゲーム課金で借金120万円…妻に隠して、延々リボ払い生活


    気持ちはわかりますよ…私も課金したことありますから…💦でもクレジットカードのリボ払いは金利が高すぎてなかなか返済が終わらないので気をつけてください!

     給料は上がらない。それでも物価は上がっていく。ギリギリの生活を送りながら、家計の破産も「明日は我が身」と感じる人も少なくないはず。「自己破産件数」は13年連続で減少してきたが、ここにきて微増しているという。

     借金に手を染めるきっかけは、生活苦、給料の減少、教育資金、奨学金の返済、浪費・遊興費、投資の失敗など多様。その先には、自己破産、もしくは破産したくてもできず真綿で首を絞められるようなジワクジワと続く生き地獄、逆に自己破産ですべてを失ったがリセットして新しい人生を歩みだす人……さまざまな人間模様がある。

    ◆スマホゲームのガチャ依存で延々リボ払い生活

     住宅設備メーカーの営業マンとして働く斉藤勇さん(仮名・42歳)は、妻と2人の子供に大きな秘密を抱えている。SNSゲームの課金でたまった借金だ。

    「2年前、『パズドラ』にハマり、リボ払いの気軽さから調子に乗って万単位でガチャを引きまくってしまいました。ガチャイベントがあるたびに2万~3万円は当たり前、狙ったキャラクターが出るまで10万円以上ガチャを引いたこともありました」

     積もり積もった債務は130万円に。当時、斉藤さんの小遣いは月7万円。最低でも毎月3万円を返済しようと心に誓った。

    「1年返済を続けたところ、債務は100万円を切りました。しかし喜びも束の間、しっかり者で信頼していた妻が僕名義のクレジットカードをつくっていて、債務が10万円あることが判明しました」

     さらに今春から長女が中学に進学し、斉藤さんの小遣いは月額4万5000円に減額。しかも、時折FXやパチンコで人生大逆転の一攫千金を夢見てしまうのが、斉藤さんの心の弱さ。最近も30万円ほどスってしまい、債務残高は約120万円と再び増えてしまった。

    「今は昼飯抜きに加え、本業のほかに日払いのアルバイトもして毎月3万円の返済を守ってます。4年で完済を目指しているけど、自己破産してラクになりたいと思うことがありますね……」

    ― 生き地獄ルポ 破産したらこうなった ―

    借金残高と取引内容はスマホで管理する。水筒にお茶を入れて自宅から持参したり、週2~3回は昼食を抜くなど涙ぐましい節約を重ね、3月は5万円を返済。これを続けるのはキツい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スマホゲーム課金で借金120万円…妻に隠して、延々リボ払い生活】の続きを読む


    都内で20万はちょっときついですね😓

    NO.6507973 2018/06/25 10:07
    都内男性「月給20万円」で税金も払えず涙…救済策はないの?
    都内男性「月給20万円」で税金も払えず涙…救済策はないの?
    月給20万円だから税金も、保険料も支払えないーー。ネットの掲示板に、都内在住の男性からこのような投稿が寄せられた。この男性は、食費や光熱水費、家賃などの支払いに加えて、大学の奨学金を返済しなければなら...



    【日時】2018年06月25日 09:56
    【提供】税理士ドットコム


    【都内男性「月給20万円」で税金も払えず涙…救済策はないの?】の続きを読む

    このページのトップヘ